子育てと看護師の仕事を両立させるポイント

子育てと看護師の仕事を両立させるポイント

看護師という職業は女性が多く、結婚や出産をきっかけに退職されたり、転職されることの多い職種ですよね。

やはり、子育てと仕事の両立が難しいということが理由かと思います。

夜勤があったり、残業が多かったり、肉体的にハードであったり、責任の重い職種なだけに、イレギュラーの多い子育てをしながらという

のは、1人でこなすことは難しいでしょう。

やはり、家族の協力は不可欠ですよね。
保育園のお迎えや、病気の時の看病など家族に協力してもらえることでだいぶ仕事もしやすくなります。

夜勤だって24時間保育園を必ずしも利用出来るわけではありませんから、家族の協力が不可欠です。

また、看護師の職場の理解があるかないかも大きく影響します。
いくら家族の協力があっても、母親として子どもの為に使う時間は大切です。

保育園や学校の行事、予防接種や健診などに合わせてお休みを頂けるとありがたいですよね。

また、保育園のお迎えなど残業をすると間に合わない時、発熱などで急なお迎えが必要な時など、周りのスタッフや上司の理解がなければ

とても大変です。

私の上司はいつも、「仕事は二の次、家庭が一番!早くかえってあげなさい。」と言ってくれる方でした。
申し訳ないという気持ちでいっぱいでしたが、本当に助かりました。

また、私の働く職場はママさんナースが多く、周りのスタッフも快く協力してくれました。

また、子育てを終わったナースの方々も、自分たちだって親の介護や葬式で面倒をかけるから...と協力してくれました。

そういうことからお互い様という助け合いの精神で働ける職場は、子育てと仕事の両立がしやすいと思います。

子育てと仕事の両立するポイントは、家族の協力を得ること、働きやすい職場を選ぶことですね。

2015年10月 6日|